日本語教師スキルアップ講座

スキルアップ講座の情報をご紹介いたします。

● 日本語教師スキルアップ講座

日本語教師のさらなるスキルアップのための講座で、理論と実践の組み合わせで構成されます。まず理論を学び、次にそれをどのように教室活動に活かすかをワークショップ形式で考えます。現職の方だけでなく、かつて日本語教師でいまは一時的に現場を離れ、復帰を目指している方も大歓迎です。


日本語教育 中上級レベルの読解の教え方

– 市販テキスト・応用読解・読解後の活動 –
2020年1月31日(金)~3月6日(金)
毎週金曜日 全6回

○今回の講座では、中上級レベルの読解の教え方を取り上げます。読解とは、文法と語彙がわかれば文章が理解できるというような簡単なものではありません。私たちは文章を読むとき、先を推測したり、想像したり、すでに知っている知識を利用したりするなど、持っている能力を最大限活用して文章を理解しています。しかし、外国語となるとそうすることができず、辞書を片手に1行目から順番に読んでいく方法しかできないことがあります。母語では気づかないのですが、読解はさまざまなスキルとストラテジーを駆使して行う、総合的な言語活動なのです。今回の講座では、「学習者に読解の方法を教える」がテーマになっています。語彙・文法の学習や試験対策ではない読解授業をするにはどうしたらいいかを考えます。

●開講時間: 17:30-20:20(80分×2)

●内容: 中上級レベルの日本語教授内容

①理論編(2回)
日本語教育中上級レベルにおける、読解の教え方について考える。市販テキストの読解にはどのような特徴があり、語彙・文型の学習のためではなく、「読解の学習」としてどのような授業が考えられるかを検討する。また、オーセンティックな教材でどのような読解の授業が考えられるのか、市販テキストとどのような関係を持たせるべきなのかを考える。

②実践編(3回)
市販テキストの読解プリントを作成して、実際にどのような授業展開が考えられるのかを、参加者同士で検討する。また、実際に生教材をもとに、読解のプリントを作成し、それを用いて、模擬授業を行う。

③応用編(1回)
読解のあと、どのような授業展開が考えられるかを体験する。インプットである読解を、いかにアウトプットに結び付けるか、そして、そこにどのような効果があるのかを参加者の体験を通して検討する。


受講者募集中!!
受講料 22,000円(税込み)(学割:16,500円)
※大学生、大学院生の方は、学生割引の対象となります。

受講を希望される方は、
skillup_nihongo@labo-global.co.jp 
にご連絡ください。
パンフレットと申込書をお送りいたします。




今までの講座についてはこちらをご覧ください。