教師募集 研修・研究

ラボでは教育活動とともに、スキルアップ講座の開催、および実践研究、教師研修など、日本語教師各々の成長に資する活動も行っています。今までに開催したスキルアップ講座の情報、研究実績等をご紹介いたします。また、随時行っている教師募集の要項もご覧いただけます。

● 日本語教師スキルアップ講座

日本語教師のさらなるスキルアップのための講座で、理論と実践の組み合わせで構成されます。まず理論を学び、次にそれをどのように教室活動に活かすかをワークショップ形式で考えます。現職の方だけでなく、かつて日本語教師でいまは一時的に現場を離れ、復帰を目指している方も大歓迎です。


日本語教育 中上級レベルの「聞く+書く」

ノートテイキングへの道
2020年10月16日(金)~12月4日(金)
毎週金曜日 全8回

今回の講座では、中上級レベルの「聞く+書く」授業を取り上げます。聞きながら書く、というのはいわゆる「メモを取る」という活動です。そして、これはノートを書くことに直結する技能になります。いいメモを取ることができれば、いいノートを書くことができるということになります。聞いたことすべてをその場で文字にすることは不可能ですから、聞いたことの何をメモすべきかを学ぶことが必要になります。それをどのように授業に取り入れ、有効性をどのように学習者に伝えるかを皆さんといっしょに考えます。
加えて、第二言語習得において、音声情報を文字情報に転換すること(Information Transfer)が非常に重要であって、ノートという形にまとめ直すことが言語習得の有効な手段になることが研究によって明らかになっています。今回の講座では、メモ取りから有効なノートを作成する技能習得をどのように授業に取り入れるかを考えるとともに、それがどのように言語習得に結びつくのかを考える講座とします。

●開講時間: 17:30-20:20(80分×2)

●内容: 中上級レベルの日本語教授内容

①理論編(2回)
日本語教育の実践研究においてノートテイキングを扱うものは非常に少ない。しかし、音声情報を記録する目的でノートテイキングを行なうという言語行動は非常に重要なものであり、大学・大学院、専門学校へ進学する学習者のみならず日本での就職を目指している学習者にとっても必要な技能である。さらに、ノートテイキングは、技能習得だけでなく言語習得の側面からも有効である。 理論編では、ノートテイキングの授業が技能習得だけでなく、言語習得に有用であるという理論を紹介する。

②実践編(4回)
上級の学習者を対象に行なうノートテイキングの授業を頂点とし、それに至る初中級レベルから上級レベルにかけて、ノートテイキングのためにどのような技能が必要であり、そのためにはどのようなトレーニングが可能であるのかを考える。

③応用編(2回)
「ノートテイキング」の応用的な授業として、さらにどのような授業が必要であるかを考える。また、実際にいくつかの授業を参加者自身が体験し、どのような効果があるのかを検討する。


受講者募集中!!
受講料 33,000円(税込み)(学割:22,000円)
※大学生、大学院生の方は、学生割引の対象となります。

受講を希望される方は、
skillup_nihongo@labo-global.co.jp 
にご連絡ください。
パンフレットと申込書をお送りいたします。




今までの講座についてはこちらをご覧ください。

● 教師募集

教育実践とともに研究にも力を入れている学校です。私たちとともに日本語教育の発展を目指して進んでいく意欲を持った方を募集しています。現在、2020年4月、もしくは7月から当校で日本語教師としてお手伝いいただける方を募集しています。詳しくは以下をご覧ください。

● 教師研修

私たちは教育実践を研修ととらえ、より良い日本語教育を目指して常に努力しています。その一環として、年4回、学内教師研修会を企画、実施しています。その様子をご紹介いたします。

● 日本語教育学会等での研究発表

日本語教育学会等での主な研究発表を以下にご紹介いたします。

口頭発表

黒崎亜美ほか(2018)
「研究発表の授業における認知プロセスの外化 –上級のアクティブラーニングを考える–」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
黒崎亜美ほか(2017)
「『アクティブラーニング』の考え方を取り入れた授業実践の試み」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
黒崎亜美ほか(2016)
「言語習得の側面から捉えた Information Transfer 授業の実践 –初中級におけるノート テイキング準備のカリキュラムの一提案–」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
黒崎亜美ほか(2015)
「アカデミックジャパニーズ習得を目指すノートテイキング授業の実践 -初級から上級にいたるまでのカリキュラムの一提案-」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
岩瀬理美ほか(2013)
「日本語学校終了後に生かせる口頭発表技術の評価項目の作成」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
黒崎亜美ほか(2012)
「上級におけるレジュメを用いた発表活動の授業の試み」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
黒崎亜美ほか(2011)
「流暢さに注目した音読活動の提案」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
大手山藍衣子ほか(2010)
「中級レベルにおけるノートテイキングの授業」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
黒崎亜美ほか(2009)
「マーケティング・ディベートの実践 -上級会話・アカデミック・ライティングへつなげる-」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
黒崎亜美(2008)
「上級におけるマンガを用いた算出能力を伸ばす授業の試み」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
牧原紀子ほか(2005)
「中級後半学習者のための会話授業 -聞き手の役割に注目した会話授業およびそのフィードバックの考察-」 実践研究フォーラム 日本語教育学会
丸山伊津紀ほか(2004)
「現職日本語教師対象『ピア・レスポンス体験研修』の検証」実践研究フォーラム 日本語教育学会
黒崎亜美ほか(2004)
「中級前期の作文指導 -『文作』から『書く』へ-」 実践研究フォーラム 日本語教育学会

ポスター発表

井上正子ほか(2012)
「初級における『サバイバルタスク』の実践報告」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会
中山康昭ほか(2008)
「非漢字圏学習者のための『エリンが挑戦!にほんごできます』を使った漢字授業の実践」 日本語学校教育研究大会 日本語教育振興協会

論文発表

黒崎亜美・松下達彦(2009)
「中上級日本語学習者による形容語彙の産出 -韓国語母語の学習者の場合-」 『日本語教育』141号、46-56
黒崎誠ほか(2003)
「上級日本語学習者に対するポジショニングマップを用いた語彙指導 -印象・感想を述べる手段としての形容詞-」 『日本語教育論集』19号、29-40